日記DIARY

人気インストラクターが持つ空気感について。

日々の出来事

2020.02.15

「毎日更新してるぜー」な気分でしたが気がつけば2月は一度も更新していませんでした…。

先日、久しぶりにYARDのインストラクターオーディションを開催しました。

YARDのオーディションは実技と面接という構成になっています。

実技をプログラムディレクターのSHUが、面接を私が担当します。

(普段はSHUさんと読んでいるので今後は、ブログ文中でもSHUさんと書きますね..。)

正直な話、ヨガのスキル的な事は私はわかりませんのでそのあたりはSHUさんにお任せしているのですが、

自分自身も20歳から10年以上、スタジオプログラムのインストラクターをやっていた事に加え、職業柄これまでヨガというジャンルだけでなく、多種多様なインストラクターの方々に数えきれないぐらい出会ってきた事もあり、

ちょっと偉そうなもの言いになりますが、

目の前にいるその人が所謂人気インストラクターになりうる人かどうかの判断はあくまで自分基準ですがブレずにできる自信があります。

本当にあります。はい。

今は素人でも

何年か正しい方向で努力をすると必ず人気インストラクターになるだろうなという人の空気を感じる能力が自分には備わっていると勝手に思っています。笑

なんでしょうね。

人気インストラクターだけが纏っている空気感。

お会いするたびにその空気感を強く感じる様になる人もいれば

以前は強かったのに少しずつ弱くなっていっている人も。

心と身体のバランスと

何より努力を続ける力こそ

その人を纏う空気を変えていくのだと思います。

才能×努力 そして環境。

それらが人を変えるのです。

たぶん。

CATEGORY